トップ > 観光ガイド > 交流促進センター

交流促進センター

 

休館日:

7月及び8月を除き、毎月第2水曜日・木曜日(水曜日・木曜日のいずれかが祝日の場合は翌週の水曜日・木曜日)を休館日とします。

 

営業時間:

宿泊室 使用開始日の午後3時から使用終了日の午前10時まで

宿泊室(日帰り)午前11時から午後2時まで

 

施設の内部を見るこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

  丹波山は村全体が清流と緑に包まれた豊かな大自然の宝庫であり、訪れる人々の心のオアシスとなっています。
輝く緑と太古の面影を残す森林、その間を走る清冽な流れ。この自然に触れることにあこがれる都会の人たちが年々増えています。
 そんな人たちにもっと自然に親しんでもらい、丹波山村を知ってもらいたいと願い、村民と都会の人たちとのふれあいの拠点として丹波山村交流促進センターがオープンしました。
 そば、わさび、豊富な山菜、清流に育つイワナ、ヤマメなどの山の幸、川の幸を囲んで夢を語り、自慢話に花を咲かせるひとときも楽しいものです。
 センターには宿泊施設はもちろん研修室や会議室、また中庭広場に面して円形の野外ステージもつくられています。

 

施設の概要

 丹波山村交流促進センターは、令和4年6月からワーケーション施設として生まれ変わりました。
 建物は扇方の木造一部2階建てで、中央に会議室(研修・コワーキング対応可能)があり、中庭広場に面して扇形の野外ステージがつくられています。扇の両側に2階建ての宿泊棟に7室の宿泊室があります。(6室8畳程度2名まで、1室17畳程度5名まで宿泊可能)
 ここでの特徴は完全自炊制で食事などの賄いはいたしません。完備した厨房があり、食器類などの貸出、寝具の貸出も無料になっております。自炊されない方には、村の飲食施設と提携し、食事メニューをご紹介します。

交流促進センター利用許可申請書PDFファイル
予約を希望される方は、電話連絡、または電子メールで確認をしてください。
申請書類は、こちらからダウンロードできます。
WEB上で必要事項を入力いただいた後、メールにてご連絡か郵送かお選びいただけます。

 

〇使用料金

施設の利用料金は、現地管理室窓口で現金でお支払いください。

会員をご希望される方は、お手数ですが、下記役場窓口までメールにてお問い合わせください。

年会費

種別 年会費
法人会員 240,000円
個人会員 2,000円

 

区分     会員金額 会員以外金額

宿泊(1人1泊につき)

使用開始日の午後3時から

使用終了日の午前10時まで

大人(中学生以上)

①客室1室を2人以上で使用する場合

②客室1室を1人で使用する場合

①4,000円

②4,500円

①5,500円

②6,000円

  宿泊(上記と同様)

子供(小学生)

大人と同室で宿泊に限る。

 

2,000円

3,000円

日帰り個室利用

午前11時から午後2時まで

大人(中学生以上)

①客室1室を2人以上で使用する場合

②客室1室を1人で使用する場合

①1,500円

②2,000円

①3,000円

②3,500円

 

会議室使用料

種別

使用料

法人会員

無料
個人会員・会員以外 500円

午前  午前9時から正午まで

午後  午後1時から午後5時まで

夜間  午後6時から午後9時まで

前日  午前9時から午後9時まで

事務機器使用料

設備 単位 利用料金
プロジェクター(スクリーン含む) 1日 1,000円
パソコン 1日 1,000円
モニター 1日 1,000円
マイク・カメラ 1日 300円

宿泊の際など、日付が変わる場合は、1日料金を加算します。

 

お問い合わせ先

丹波山村総務課 soumu@vill.tabayama.yamanashi.jp

TEL 0428-88-0211

▲ページのトップへ